美容室経営人材採用

業務委託美容室開業は資金力ない人がしてはいけない理由

以下のフォームに入力して「講座動画を受け取る」ボタンをクリックしてください。
すぐにメールで動画をお送りします。

業務委託美容室開業は資金力ない人がしてはいけない理由

業務委託の美容室が首都圏では本当に増えましたね、10年前から考えると大幅な増加です。

現在求人広告をみると業務委託契約の求人が目立つようになりました、しかも毎年条件が良くなっているという印象を受けます。

こういった流行りをみると、業務委託契約ならリスクが少ないからって考えて、私もこの形式で美容室を開業しようって人がいるんですが、早まってはいけません。

なぜ業務委託の美容室が増えているのか、その背景には美容師がオーナーでない、異業種の方が投資として美容業に参入しているってケースが多いのです。

美容室って安定して集客さえ出来ていれば儲かります、そしてスタイリストが多くいるお店は儲かります、ここに投資家は目をつけているのです。

ただしです、オーナー自身は美容師ではないんです、そのため集客と経営は自分でやるけど接客はやらないってスタイルなんです。

この記事を読んでいる方は、ご自身が美容師って方が多いのではないでしょうか?

異業種から参入する業務委託形式の美容室って、リスクが少ないといわれていますが、実際はそんなことはなくリスクはあります。

実際にお店をオープンさせても、集客がうまくできなければ、売上が立たないだけでなく、スタイリストがやめていきます。

業務委託の場合には、常にお客様が来店されているような状態を作らないと、スタイリストも稼げませんからやめていきます、当たり前の話ですよね。

美容室に異業種参入の投資は個人とは比較にならないほどの資金力

求人広告で大きく業務委託の人材を募集している人って資金力があるのです、個人では太刀打ちできないほどの資金力があったりします。

求人広告でみかけるのは、広告費をたくさん払うだけの余裕がある人だからなのです、そして集客に関しても個人と比較にならないほどお金をかけられる。

お金をかけたらかけた分、売上もあがる、そして人材確保に関してもお金をかけているので、スタイリストも集まる。

今の世の中、ある程度のお金が手元にないと集客すらできない時代なのです、常に集客が出来るように業務委託美容室は立地がいいところが多いのです。

実は最近、業務委託の形態で美容室を複数店舗を経営しているオーナーとお話しする機会がありました。

この美容室オーナーは美容師ではなく、別の事業で成功している事業家(投資家)の方で、話していた内容は衝撃的でした。

最初はあまり利益が出なくても、湯水のように広告費をかけて地盤を築いていく、リピートの方が増えてくれば、間違いなく利益が出るビジネスモデルが美容室なのでと答えていました。

1億円を数年で投資に使ったとしても、トータルでプラスになったらそれでいいと、これを聞いたときに個人レベルでこういったスタイルの方に勝つのは難しいなと感じましたね。

業務委託美容室経営はまず集客が基盤になければ、成り立たないビジネスモデルだということです。

そのためには立地がよいところを選ばなければならない、そして広告費を大量に投下できる資金力がなければならないのです。

広告費といっても数十万単位でないそうで、数百万円を毎月継続的に投下をしていくというスタイルです。

これって資金力のある人は投資としてとらえられるでしょうが、資金力のない個人には不安でしょうがないスタイルだと思います。

あなたが資金力があるということでしたら、業務委託の美容室を開業してもよいと思いますが、はじめての美容室ってことであればおすすめはいたしません。

以下のフォームに入力して「講座動画を受け取る」ボタンをクリックしてください。
すぐにメールで動画をお送りします。