美容室経営廃業

美容室経営は失敗する確率の方が圧倒的に高い

以下のフォームに入力して「講座動画を受け取る」ボタンをクリックしてください。
すぐにメールで動画をお送りします。

美容室経営は失敗する確率の方が圧倒的に高い

美容室経営って甘い世界ではない、これってスタイリストをしていた経験がある人なら分かっていることだと思います。

スタイリストって拘束時間が長い重量労働であるにも関わらず、収入は決して高くない、だから自分でお店を持って自由にやりたいって人が増えているのが現状なのです。

今や駅前を歩けば、必ず数件は美容室と都内では歩けば美容室って時代になってきている、人口が減っているのに美容室は増えている。

さらに驚くべきことに、数分に一件は美容室が廃業に追い込まれている現状があるのにも関わらず、全体では美容室は増えているという状況だということ。

美容室経営ってこれからさらにサービスが激化することが予想されている業界なのです。

簡単な気持ちで自分のお店を持ちたいと思っているスタイリストが多いことに驚きます、独立するまでの間って計画を立てる時間があるのに何も考えていない。

自己資金でお店をオープンすることができないという段階で、融資を得るために初めて事業計画について考えるという人が本当に多い。

事業計画をサポートして書いてくれる団体の担当者と話したことがあるのですが、美容師さんって資金繰りに対する考えが甘すぎると現実と数字がかけ離れている人が多いと言っていました。

私もまさにその通りだと思っており、数字の計算が甘いなっていつも感じてしまいます。

サービスがよければ、技術がよければお客様が来店してくれるという幻想を持っているのです、実際にあなたのお店がオープンしたとしましょう。

5年以内に90%の確率で廃業に追い込まれます、これは全国からデーターから出ている数字で私が適当に言っているのではありません。

ではどうやったらお店がつぶれないで、継続していけるかについてですが、これは1つしかありません。

まずはお店をどうやって知ってもらうかを考えぬくこと

お店に来てもらうためにかかる費用は年々増加しています、どの美容室も広告にお金をかけるようになっているからです。

資金力がない美容室はお客様を呼ぶことができません、何の施策もしないでお客さんがきてもらえるような甘いビジネスではないのです。

コンビニの数よりも美容室の数の方が圧倒的に多い時代になってきているからです。

何も対策を立てないでまず店舗をオープンさせてしまう、これでは廃業に追い込まれてしまうのは必然だといっていいと思います。

最低でも半年はマイナス収支になるといった計画で厳しめに数字を作りこむ必要があるのです、技術に自信があっても資金がショートしてしまえばお店はつぶれてしまいます。

美容室を開業する際に、一番大事なのは集客でどうやってお店を知ってもらうかが大事です、これが出来ないと廃業します。

通常の場合、融資を受けてビジネスをスタートさせるので廃業すると借金を背負ってしまうという最悪の展開になってしまうのです。

家族がいる方であれば、家族があなたの借金を返済するために苦しい生活をしなければならない状況に追い込まれてしまうのです。

以下のフォームに入力して「講座動画を受け取る」ボタンをクリックしてください。
すぐにメールで動画をお送りします。