美容室売上アップ

美容室店長が売り上げ目標達成するためにするべきこと

以下のフォームに入力して「講座動画を受け取る」ボタンをクリックしてください。
すぐにメールで動画をお送りします。

美容室店長が売り上げ目標を達成するために必要なこと

美容室の店長って美容室経営には絶対に必要な人材である。

店長がどのような人なのかで売り上げが決まってしまうといっても過言ではない。

店長が経営感覚を持つ、お店のスタッフを幸せにするという意識を持つことが大事である。

スタッフが一丸になっているお店は強い、広い心で楽観主義で良い。

スタイリストは個性が強いのでそれをあえて矯正しないことが大事であったりします。

店長の役割としては、自分についてこいではダメ。

周りを盛り立てて長所を発揮させるのが上手い人がやるのが良い。

自分で売り上げを上げようとしなくていい。

店長は自分で売上を上げなければならないと必死に接客に入ってしまう人が多すぎる。

それでは店舗全体の売り上げって伸びていかない。

フロアマネジメントが店長には求められている。

売り上げを自分であげなければならないと技術に夢中になるのは分かるが。

それではダメでそれでは二流の店長になってしまう。

一番大事なのはサロンマネジメントであることを忘れてはいけません。

現場の技術を半分足を洗い、目配り・気配りができる時間を作り出すこと。

店長は、フロア全体に声をかけられる存在でなければならない。

フロア全体を見渡してお客様にお声がけができる。

これが店長の大きな役割なのです。

オーナーに変わって現場を取り仕切る。

全体を見回してお客様にお声がけをする。

時にはサポートに入るといったのがベストです。

成功サロンの店長は、オーナー同様の姿勢で仕事に臨む環境が整っている。

そういったとデーターが出ております。

実際に繁盛店と言われているサロンに足を運んでみてください。

店長が現場でハサミを持って切り続けているというサロンではないと気がつくはずです。

あなたのお店を繁盛店にしたいのであれば店長の改革が必要。

店舗の改善につながるのはいうまでもない事実なのです。

店長ってただの役職だからって捉えているようでは、お店の発展はない。

きちんとしたフロアマネジメントができるよう人材育成ができる体制。

これがしっかりできるからこそ繁盛店へとなっていくのです。

店長だけでなくオーナーが繁盛店では現場で技術を提供しているのかを研究するべき。

繁盛店と言われているサロンに自分がお客様としていってみる。

これが一番の勉強になると思っています。

自分がスタイリストだと、同業者のお店って行きづらいもんなんです。

だからまったく他店を研究しない。

繁盛店の仕組みを体験しないで、同じようなお店がつくれるわけないんです。

独立する前には絶対に最低でも5店舗以上は繁盛店を見るべきです。

 

以下のフォームに入力して「講座動画を受け取る」ボタンをクリックしてください。
すぐにメールで動画をお送りします。