美容室オーナー年収

美容室経営者の年収が伸びない理由とは?

以下のフォームに入力して「講座動画を受け取る」ボタンをクリックしてください。
すぐにメールで動画をお送りします。

美容室経営者の年収が伸びない理由とは?

美容室経営者になっても、年収ってスタイリスト時代とさほど変わらないどころかスタイリスト時代よりも年収が下がった人が増えているのです。

美容室経営者の年収があまりに少ないと業界全体がで深刻な問題になっているのをご存知でしょうか?

美容室のオーナーになったら、スタイリスト時代よりも年収が増えると思っている人が多いと思いますが、実際にはそうはなっていないのです。

実際には年収は横ばいか減少でやる業務の量が増えてしまったというケースが続出しているのです。

いちばんの理由は、今まで雇われていた側で、経営について学ばずに独立をし、また人材採用を実際にしたことがないということでしょうね。

美容室経営者で年収が少ないオーナーって1人か2人の運営で個人店として営業をしていますから、経理も全て自分でやったりするわけです。

雇われていた際には接客しかしていなかったわけですから、やりたくない作業が増えます。

美容師を独立する前というのは勘違いすることが多いのです、開業してすぐにお客様がくることは基本的にはありません。

美容室経営ってしっかりと集客方法を勉強して広告しないとお客様は自動的にやってくることはないのです。

そして、スタッフの募集をかけたとしても人は集まりません、何度広告をだしてもなかなか人材を確保できないのです。

小さいお店で働きたいというスタイリストが減っているからです、自分が働くなら大きなお店で働きたいと思うはずです。

小さなお店ほど人が集まりにくく、大きな美容室ほど人材が集まりやすいのです、そして小さな美容室ほど離職率が高いので、入社して数ヶ月で辞めていってしまいます。

美容師の人材広告に使うお金は増えるけど、人材は集まらず資金繰りを悪くします。

人材募集にお金をかけているので、集客の広告にお金をかけられなくなって、お客様も減ってしまうという悪循環に陥ってしまうのです。

美容室の人材募集をやめると売り上げが伸びない

美容室のオーナーは人材募集に広告をかけるけど思うように人が集まらないとどういう行動に出るのかご存知ですか?

もう人材募集なんて広告費を使ってやるのがバカバカしくなってしまい、広告を辞めて自分1人でやってるほうが気が楽だというふうになるわけです。

この結果が現在の美容室の経営実態を如実にあわらしています、ほとんどのサロンが3名以下の経営体制なのです。

では美容室経営者の年収はどうかというと、スタイリスト時代と同じかそれより低いという逆転現象になってしまっているのです。

人材を集める、そして人材を教育することがこれからの美容室経営には絶対に不可欠なスキルだと思っています。

上記が実際に美容室経営者の年収のデーターです、なんと驚きの200万円未満って方が40%を超える割合いるのです。

さらに400万円未満って答えている割合も40%を超えており、年収400万円未満の割合で81.6%という数字です。

日本のサラリーマンの年収平均が450万円前後といわれていますから、大半の美容室経営者は平均以下の年収という結末になってしまうわけです。

これって経営ノウハウをしっかり学ばないで独立してしまうという美容師の特徴があげられるかもしれませんね。

私はそういったノウハウを自分で持っていない経営者は、フランチャイズに加盟してノウハウなどをもらうのがいちばん早いのではないかと個人的には思っています。

全国のフランチャイズを比較して私はパチャラのフランチャイズシステムが最も優れていると思っています。

パチャラ美容室は集客力もありますし、年に数回ヘアショーなどを開催していることからスタッフのモチベーション維持や技術向上にも一役買ってくれます。

パチャラ美容室について知らいないといった人も少なくないかもしれないので以下で少し紹介しますね。

美容室フランチャイズ加盟のおすすめはパチャラ美容室

美容室経営を居抜き物件に特化して成功している美容室があり、現在業界全体で注目を集めています。

居抜き物件を利用することで出店速度の加速、初期費用の安さ、資金回収の効率性で抜群のパフォーマンスを出しているところがあります。

居抜き物件の美容室経営に関して、一番大事なのはなんといっても新規のお客様をどれだけ呼べるかってことに限っているのです。

美容室で集客力があるところとないところって2極化を迎えています、どれだけ広告を打っても集客できないところもあれば口コミで広告を打たなくても来客が絶えないところ。

これって仕組化がしっかりされているかどうか、そして集客ノウハウがあるかどうかの違いなんですね。

チラシの作り方やインターネットへの媒体の掲載の仕方だったり、本当に学ぶべきものがたくさんあります。

私はもし集客力に自信がないと感じているのであれば美容室の集客力があるサロンで学んでみるというのもひとつの手ではないかと思います。

既に美容室を開業していて、集客に悩んでいるサロンでも加入できるところがあり、実際にV字回復で売り上げも利益額もアップさせている美容室フランチャイズがあります。

パチャラ美容室 無料相談
070-6477-5827

美容メーカー直営サロンとしてなんといっても集客力が他を圧倒している点と、既存の売上に悩んでいるサロンでも加盟できる。

人材育成、経営ノウハウ、集客力に関しては他のフランチャイズ美容室と比べても群を抜いていると業界で注目されているサロンです。

もし自分で美容室の集客に悩んでしまっているのであれば、まずは無料で美容室パチャラに相談してみるといいと思います。

既存のお店があっても加盟できるフランチャイズ美容室ってパチャラ以外でもは思いつかないですね。

一度お店にいってみるとパチャラ美容室が圧倒的な集客力を誇っているということを実感できると思います。

まだ独立をしていないという方であれば、パチャラ美容室で1年とか2年経営ノウハウと集客ノウハウを学んでから独立するのが一番賢い選択だと思います。

実際に多くの先輩方が、パチャラで数年従業員として勤務した後にご自身のお店を持っているという実績からも明らかです。

パチャラでは人材募集は随時受け付けているということなので、まずは電話して相談してみてはいかがでしょうか?

070-6477-5827(パチャラ人材募集)

美容室独立は居抜きを使えばフランチャイズでも500万未満

美容室独立で開業資金や経営ノウハウに自信がないという方は紹介したパチャラ美容室はおすすめです。

居抜き物件を使うことで美容室経営に関わるノウハウを提供してくれ、オープン後のサポートもしてくれる。

なんと自分で完全オリジナルでオープンするよりも圧倒的なコスト削減で500万円以下で美容室経営がスタートできます。

美容メーカー直営であるため、材料費も安い、集客力があるので、軌道に乗るまでの速度が圧倒的に早い。

居抜き物件って綺麗なお店を作るのは難しいんじゃないのって方は、ぜひパチャラが直営で運営するサロンをみにいってください。

どの店舗も全て居抜きからスタートをしているわけですが、内装も外装もとても綺麗なお店に仕上がっていますよ。

そして何よりもお客様が次から次へと来店されているのに驚くと思います、集客ノウハウというのは誰もが手に入れたいが取得するのが難しいです。

パチャラの美容室に加盟することが、開業資金が総額で500万円でオープンまでむかえることができ、集客のノウハウも手に入れることができるのです。

もし将来独立を考えているということであれば、パチャラ美容室の加盟は一度相談だけでもした方がいいと思います。

パチャラ 無料相談
070-6477-5827

人材育成のシステムもしっかり組まれているので、もし美容室経営に自信がない、集客ノウハウもないって方にはおすすめですね。

居抜き美容室の概念が変わると思いますよ、個人的にはパチャラ美容室で数年修行してから独立ってのがおすすめではあります。

多くのスタッフが実際に美容師として独立をして成功をしています。

初期費用が少なく、実際にもお店で働くことで経営ノウハウもしっかり身につけてから独立なので成功確率も高いわけです。

もし将来的に独立を考えているのであれば、パチャラ美容室の求人に募集をかけて経営ノウハウを学んでからでもいいと思います。

今回は美容師が独立に失敗する理由は独立前の時間のなさと初期投資にお金をかけすぎてしまうことだという点についてお話ししました。

その問題を解決するには居抜き美容室の物件を使って、初期投資をおさせて出店をすること、そして独立前にしっかり美容室経営の知識をつけることの重要性について書きました。

以下のフォームに入力して「講座動画を受け取る」ボタンをクリックしてください。
すぐにメールで動画をお送りします。